かや(蚊帳) CAYA



奈良の地場産業である蚊帳の素材は、江戸時代よりさかんに織られ今も続いています。
蚊帳は中国から伝わり当初は貴族などが用いていましたが、江戸時代には庶民にも普及しました。
「かやぁ、かやぁ」という独特の掛け声で売り歩く商人は江戸に初夏を知らせる風物詩となっていました。

【蚊帳の日常着】
風は通すが蚊は通さない蚊帳素材。
当社ではその通気性、吸水性、洗うほどにふんわりとやさしい着心地の特徴を活かしながら日常着を作りました。
湿潤な気候に適した道具でかつて日本人が安眠を得たように、蒸し暑い日本の夏を蚊帳素材の日常着で快適に過ごしていただきたいと思います。

【蚊帳の小物】
色とりどりの持ち物や機能性にすぐれた台所用品を取り揃えました。
日々の暮らしに色を添え、快適にしてくれる製品をお届けします。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

81